ほうとく薬局は、病気の予防に基づいたサプリメントや食育などのアドバイス、相談を受け付けております。

芳徳薬局

/
病気・薬

病気&薬

病気の予防

採用情報

お問い合わせ

 

病気・薬

 

みんなの相談室Q&A
Q1 なぜ一日3回のクスリと一日2回1回のクスリがあるのですか?
A1 すこし前まで(30年くらい)クスリは一日3回服用が当たり前でしたが、消化管の中で少しずつ溶けて徐々に吸収される徐放製剤や病気になった部分(病変部といいますが)そこに長く留まって効果を発揮させるクスリが開発されました。

 

Q2 クスリは水で服用しないといけないのはなぜですか?
A2

元々クスリは水またはお白湯で服用するように考えられて作られます。

子供さんが服用されるおクスリには苦味やにおいを隠すように表面を加工(コーティングといいますが)しているものがあります。

スポーツドリンク・果汁入り飲料で服用するとコーティングがはがれて苦味がでたりくさくて服用できなくなることがあります。

どうしてもおクスリをいやがるお子様がいらしたらいつでもご相談ください。

 

Q3 毎年花粉症に悩まされていますが、何かいい方法はないですか?
A3

何に対しての花粉症かご自身は把握されてますか?

また、時期は決まっていますか?

この二点がわかれば約2週間前から抗アレルギー剤を服用していれば症状がでても軽くて済みます。

今は眠たくならない抗アレルギー剤もありますからかかりつけのお医者様に相談してみてください。

 

Q4 どうして処方せんの有効期限は4日なのですか?
A4

療養担当規則という規則に定められていて処方せん発行日から4日以内に調剤してもらわないとただの紙になります。

4日というのは、昔は感染症や怪我による診療が多かったため、クスリをすぐにもらうだろうという感覚が未だに残っているようです。

 

 

Q5 薬局にあるパソコンで何を調べているのですか?
A5 今は電子薬歴といって患者さまの処方薬や副作用・計測値・体調の変化 処方内容の変更・調剤上の注意をパソコンに入力して与薬のときに伝えるべき事項を調べています。

 

Q6 インフルエンザワクチンの接種はお済ですか?
A6

先日 新型インフルエンザの研修会に行って来ました。

WHOの進藤先生の講演でしたが、いつ新型のインフルエンザウイルスが発生してもおかしくない状況でそうです。既存のウイルスにはワクチンはかなり有効です。怖がらずにお医者さんに行きましょう。